エコロなココロ
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [管理用]

タイトル 55年目の引越し
投稿日: 2008/09/24(Wed) 17:54
投稿者朝顔

夫の実家は築55年なのですが、老朽化が激しく建て替えることになりました。そこで引越しの手伝いをしたのですが、これが大変でした。どの部屋もものでいっぱい。55年モノの整理をしてないとこういうことになるのかといういい見本でした。日本人とモノとの付き合い方の典型のような家だと思います。

昭和20年代・・・食べることに精一杯でモノ自体がなかった。手に入れたものは大切に大切に使い、捨てるのは罪、もったいない根性がしみついた時代です。

昭和30年、40年代・・・高度成長期で新しいものが次々に生産されましたが、一部の金持ちが手に入れて、大部分はそれを見ながら、お金があればあれを買いたいと、モノを手に入れたいという欲求が増していった時代だと思います。

昭和50年以降・・・この家も子供が育ち経済的に余裕がでてきて、世の中もモノがあふれる時代になりました。前にしみついた、お金があったらモノが欲しいというのと、捨ててはいけない根性が出てきて、モノは増やすけど、整理ができない状態になりひどい状態のまま引越しを迎えることになったわけです。

これをエコロジーのところに書き込んだのは、もったいないもったいないといいながら、モノを捨てないことによってモノが無駄になっていることがよくわかるのです。
モノを捨てない→モノが多すぎて整理できない→自分のもっているものが把握できないので、持ってるものを使うことができず、また新たに家のなかにモノを増やしてしまう。
引越しで家の中のすべてのものを見て、毎年毎年ものの整理をしていれば、無駄にならなくてすんだものもたくさんあったなと思いました。
今本屋でもモノにふりまわされない生活などという本がたくさんでていますが、逆にいうとまだまだそういう家がたくさんあるということです。
長くなりましたが読んでくれて有難うございました。


- 関連一覧ツリー をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー